あなたの悩みを一緒に相談「精神相談」

あなたの悩みを一緒に相談
精神相談

自分と他人の気持ちを知り気づきを学ぶ「心理教育」

自分と他人の気持ちを知り、気づきを学ぶ
心理教育

居場所を見つけ、生き方を確立「就労支援」

居場所を見つけ、生き方を確立
就労支援

新着情報

2021/07

中止のお知らせ
コロナ禍のため、感染症増加に伴い、東京での「就労支援員養成講座」は今年度の東京開催は中止とさせていただきます。
コロナ禍収束後に、また開講をお知らせ出来る事を願います。

2021/07

2021年 今年からやっと講座を開催しょうと考えていた矢先、東京でコロナ禍において、感染症拡大に伴い毎日のように感染者が増加するため事業再開を断念しました。
当分の間は、就労支援員養成講座は中止となりますので、今後の計画は未定とさせていただきます。
誠に申し訳ありません。何卒よろしくお願いいたします。

2021/04

明治大学リバティアカデミー申込募集中。あと5人!
カミヤマクルミ神山包が今までの相談の事例から本音を述べるメッセージセミナーです。
明治大学リバティアカデミーのwebから申込可能。
この機会に是非お申込みください。
詳細は、講座お知らせ頁をご覧ください。

2021/3

プロカウンセラーを目指す臨床、訓練生募集!

本物のクライアントに訓練として挑み、問題解決できるカウンセラーを目指しませんか?
さぁ貴方もカウンセリング経験を積んでみましょう。
もはや聴くだけのカウンセリングはひと昔前の話です。
いまや、相談に訪ねてくる人は、問題解決したい人が多勢います。
皆さんの中には国家資格キャリアコンサルタントや〇〇カウンセラーを取得しても実際にカウンセリングをした事がない方々が多勢、いませんか?沢山のお金と時間を掛けたのにも関わらずデビューしていないカウンセラーの多い事。
今回の企画は、2019年にある女性が来所したことに始まります。
その女性は、「ボランティアでサ○ステでクライアントに会い相談業務をしてみたのですが精神疾患の方からクレームが多く自分が鬱になり、仕事を辞めました。カウンセリングは、練習したくてもできないので、そう言った臨床の場は無いのでしょうか?」その来所で、ひらめいたのです。3Sには本物のクライアントが存在します。
就労支援物語の中にも13話、執筆してありますが
⬜︎依存症⬜︎DV被害者⬜︎引きこもり⬜︎発達障害⬜︎生活困窮者⬜︎刑務所出所者⬜︎うつ病⬜︎パワハラを受けて休職、休業、
⬜︎不登校の大学生
⬜︎精神障害 手帳取得者や障害年金取得者等
■国家資格の例えばキャリアコンサルタントや様々なカウンセラー資格を取得したが、実際にはクライアントとカウンセリングをしたことがない方々の訓練の場を2021年1月から提供していく試みです。
内容は以下です。
訓練生から上記⬜︎の中、2名を選出してもらい行います。
①1人のクライアントに前後2回お会いします。
②前ではクライアントと訓練生が2人でカウンセリング50分
点数をクライアントも訓練生も付けます。お申込み時に詳細は、お知らせします。
後は、プロのカウンセラーが、あなたのカウンセリングシーンを傍聴します。そしてプロのカウンセラーからアドバイスを貰います。
前と後の期間は1か月掛かります。
点数表は3Sオリジナルのものです。
前の時に、クライアントから必ず質問があります。
例えば「発達障害と診断されましたが、障害年金や障害手帳を取りたいです。」こう、クライアントから言われたらどうしますか?貴方は答えられますか?

そういったことをリベンジするのが後、のカウンセリングなのです。
さぁ、訓練でプロのカウンセラーを目指してみましょう。
■コロナ禍は、いつまで続くか分からない。だから、貴方こそキャリアチェンジの時なのです。
受講料は全部で5万円 詳細が知りたい方や申込者は問い合わせから、メールもしくはお電話ください。お知らせします。
電話は、18時以降毎日OK
貴方からのご連絡をお待ちしています。

2020/09

センター長 神山包より、コロナ禍ですが、皆さんお元気ですか?

2018年4月に羽衣出版から「就労支援物語」を発刊、手にとって読んでくださった方々もいらっしゃると思います。本当に、ありがとうございます。
実は就労支援員養成講座も昨年まで開催。■多勢の人を輩出し、実際に就労支援員に成り各分野で、働いている方々も沢山いらっしゃいます。現在はコロナ禍で今年度の就労支援員養成講座は見送りとなっています。
■「就労支援物語」は13人の主人公が居り、全員と同意書を交わした上で、物語として載せてあります。このHPでは、本の目次としては採用にならなかった作品をご紹介します。
TAの分析のためにあえて事例として掲載しようと思います。実は、実際の本の内容は今回ご紹介する作品よりもかなり内容が濃いものを「就労支援物語」に綴ってあるので、是非本屋さんや図書館にて、ご一読ください。
本を買ってもらいたいのではなく、皆さんに、様々な人の支援を知ってもらいたいのです。

【こじらせ男子、いや女子】

昨今、精神疾患の患者様は、増える一方である。そう感じているのは私だけじゃないはずで、厚生労働省の毎年出される白書にも、その旨、記載されている。
その精神障害者のケースについて、述べておきたい。
初めての出会いはCWからの紹介で。
「ドイツ語やフランス語も堪能な〇〇さんです。」
確かに一見どうみても普通のサラリーマン風。真っ黒しか着ないシャツとスーツ。40歳。サーファー風の髪型茶髪。
就労支援B型に通っている精神障害者3級の男性。
職場を見学させてもらうとスタッフは1人、しかも本日入社の人が、そのスタッフであった。実は、何故彼の職場を見学することになったのかというと昨日、CWからNさんを紹介されるやいなや彼が大声で
「神山さん、僕が務めているところに来てみてください。最悪なんですよ。就労支援員がなっていない。それにパワハラがあります。」と。
ACのネガテイブが非常に高い。そして自分には甘く他人には厳しいためCPも高い。確実にW型と予想した。
それで本日、早速出向いたのだが、約束した所長自ら来ず結局その月の終わりには退職の運びだそうで。本日入社したてのスタッフ女性も罰が悪そうでたまらない。そりゃそうである。
私が
「いつもどんな仕事をここでは受注するのですか?」と聞いたところで
「初めて何で、サッパリ」と返すのが関の山である。
きちんとした仕組みやシステムができていない会社だなとつくづく解った次の日、その事業所の電話が止まった。お金を払っていないらしい。
一カ月後、遅かれ早かれ事業所は閉鎖したのだから行き場が無くなったNさんは途方にくれることになる。
煙草の匂いがスーツに染みつき、ご飯を食べる気がしないと言い張り飯を食べず晩酌ばかりを繰り返しているので肝臓が悪いのであろう。
色黒さがどす黒くなっている。
そうこうして月日が流れて一カ月後、就労支援A型がNさんの家の近くで開所したと情報が入った。
早速応募。入社し半年が経った。

先程の事業所が閉鎖してから不安が募り毎日、役所に電話をしてきては時間潰しをしているような言動であった。
「そんなに電話をしていると電話代金が勿体無いですよ。」というと
「かけ放題なので問題ありません。」と言い放つ。自分の事しか考えられないのか?PACがアンバランスでCからの汚染は否めない。
小学生の時から学校でもイジメられ家でも親から虐待して育った。人形遊びが好きなのにサッカーを習わせられたが毎日のように食べる飯が無く家は貧乏だったらしい。
だからか幼い頃から食べないことが癖付いていて1年間で15kgは簡単に痩せるらしい。
聞けば聞くほど昔からの悪い負のスパイラルに入るのが好みのようで、朝起きれない➡︎会社へ行けない➡︎昼間寝てしまう➡︎夜に酒➡︎朝起きれない。この繰り返しのようだった。
それでも現在は就労支援A型で今世紀最大の半年間就労ができた。が自らこじらせるのが得意なので、ある日、急に電話を掛けてきた。
「胃が逆流性食道炎なのです。だから就労は無理です。」
その頃、丁度同時期にその就労支援A型にNさんよりも前に就労した女性がNさんに付いて悩みがあると電話があった。会って話がしたいというので要望通りの日程に彼女は現れた。
44歳難病で事業所に通う。テキパキと仕事をこなし親分肌。Nさんよりも彼女の方が私との関わりは早く、馴染みやすい性格で事業所からも喜ばれていた。その彼女が
「聞いてください。全く、私ゃあの人に振り回されっぱなしです。」
後から入社してきたNさんは、彼女を師弟と慕い、最初のうちは関係は良好。そのうちメールや電話交換したことで関係は縮まったのだが、これが果てしなく破滅に向かう道しるべとなる。
一度Nさんは無断欠席をしでかし先輩の彼女は
「どうして来ないの?」と問い詰めると
「朝起きれない。起こしてさえ誰かがしてくれたらなぁ」と甘え上手の骨頂とも言える手段で接近。夫のいる難病の彼女は夫にもキチンと話をして
「後輩が起きれないから起こすけれど変な関係じゃないから」と伝えた。変な関係にはならない。何故ならNさんは自宅では毎夜看護師さんの格好をしている女子なのだ。それと、病院へ行くと優しい看護師さんが自分の相手をしてくれる事で非常に気持ちが安らぐらしく、ネットでピンクのナースのユニホームを購入したとのこと。だから髪の毛も伸ばしているし肌にも気を使っているらしく脱毛は少しだけしている。
彼女は、そのNさんを助けたい一心で毎日のように姉や母や恋人のように起こした。
そして、年明けの新年に事件は起こった。
彼女は元々気前が良く面倒見の良い性格だったのであろう。しなくても良かったのにNさんや、あと2人、職場で仲良しの女性2人を誘い
「新年会をやろう」と持ちかけ彼女の家で息子さん2人とご主人も含め合計7人で新年会を開催したらしいのである。
その時にNさんが酔った勢いで
「いつもお世話になっているから息子さん達にお年玉をあげなきゃ」と言ったので、それを本気にした彼女の息子さん達はNさんのお年玉を充てにしてしまった。
ここで問題なのだがNさんも彼女の家族も全て生活保護受給者なのである。そのお年玉も結局は血税。別に他人にお金をあげる事にケチをつけるわけではない。そういう新年会やお年玉も世間一般にすれば良いのだが、生活保護受給者は、そうでなくてもお金には困っているのでNさんは言った手前、息子さん達にお年玉を1000円ずつ渡すつもりが彼女から「2000円ずつね。」とリクエストされたので、渡したく無いのに2000円ずつ渡したそうなのである。
その後、半年経っても一年後もNさんは「4000円取られた」としか言わない。
新年会も過ぎてNさんが逆流性食道炎と言ってきた頃、彼女からも
「職場でNさんは私を泥棒扱いしていて、とてもやりにくい」と訴えがあり、関係を良くしたいので2人に黙って私も含め時間を決めて話し合う事にした。
彼女は来所して顔を合わした途端
「良かったです。今日はトコトン話をしてもらいたい」と言ったがNさんは「困る。聞いて無いよ〜〜どうして呼んでる?」
問題から毎回毎回逃げてきては、ある日思い出してムカムカしているNさんにスッキリしてもらおうと思い正解であった。ラケット感情を学んでもらいたい。Nさんのラケット感情は後悔、心配の第2から第3を行ったり来たりする。
お互いキチンと言い合い、納得した。握手もさせた。がNさんは、またもや負のスパイラルに入り会社に行けなくなり退職。そして彼女にメールを見せてもらった。
「今までありがとうございました。僕は、もう死にます。心配しないでください」
こういうメールに慣れていない彼女は夫に即、話をし、すぐにタクシーでNさんの家に行き自殺を防ごうとまで思ってくれたらしいが、彼は簡単に死を口にするタイプなので平気な顔で外にまで響く大声でTVのお笑いを視ていたらしい。
彼女もバカらしく思い、ドアにノックもせず帰宅したという。最初は男女間の不倫のもつれなのかと勘違いしていたが、どうやら本当に彼女は世話を焼いてくれていたNP過剰のようで、頭が下がるが、当の本人は迷惑をかけたなどとは全く思わず
「自分の好きな時にだけ支援して」と考えられないような怒りを口にする。NP過剰はACに依存されやすいのは学んだ通りである。やはり生い立ち、つまり人生脚本において本気で愛された記憶の無い彼は信じられる人がいないのであろうか?
裏切って当たり前の関係を平気で自ら作ってしまう。今でも誠心誠意尽くしてくれた、その先輩の女性を「支援したい時だけして、嫌になったらほったらかし」と罰当たりなことを平気で言う。
Nさんは、毎日気持ちが揺らぐ。時々行きたい支援先があると何度か役所側の私達に気を持たすが裏切り約束を守らない。
ある日、F業者の求人を見つけた。電話応対の仕事である。彼は電話はかなり感じが良い。受けるだけ受けてみるように伝えると、その日のうちに面接日を決め
「合格しました」と満面の笑みで来所した。
「良かったです。おめでとう。必ず辞める前に相談してくださいね」と重ね重ね伝えたが就労届けを書いた3日後「辞めました。」と来所した。
ラチがあかない。何度もチャンスを与えても裏切る。そして自分の行動を忘れている。
人を裏切る度に他人から嫌われているのに解らない。いや、気づいているけれど問題が起こると逃げて関わりを絶つ。そういう人間関係の繰り返しなのだ。
友達と言える人はいない。一人でも友達でも恋人でも、できれば裏切りは無くなるのであろうか?ストローク飢餓が幼いうちから抜け切れたことが無いように感じる。
そのNさんが先日、一緒に同行面接をした事業所に採用になった。まだ通って2週間なのだが毎日の電話で楽しいと言う。
今度こそ大丈夫かもしれない。一つの就業先に一年間通えば目標達成。目標達成をすれば何が叶えたい?と聞くと「〇〇先生の心理学を学びたい」と言う。生活保護なので、有料講座は難しい。と思っている矢先、また事件が起きた。
6月中旬 声を枯らして電話をしてきた。
「もう、働くことができません」心の中で、またか?人はナカナカ変われないなぁと呟いていた自分が情けない。
「喉頭癌になりました。」金曜日の夜に今までの人生の中で一番の激痛が喉に走ったそうだ。
病院に搬送され内視鏡検査「癌ですね。ポリープが三箇所できてます。とりあえず薬で治しましょう。良性か悪性か一週間で検査結果が出ます」との事。人生は解らないと思っていたが結局これも後になって火傷で病院に行った事が判明。
懲りない。
オーバーに言う癖があり、私はいつも本気にしてしまい
「大丈夫?」と心配しては騙されている。
その彼いや、彼女が、また何事もなかったように電話をしていて今度は、こんなことを言い出した。彼女と記載するのは小学生の時から女性に憧れ、最近になってやっとLGBTを自分自身確認した。
「神山さん、僕が行っているB型ですが、ある女性からストーカー行為をされていて僕が拒否をしたら皆の前でリストカットしたんです。」
おおごとである。警察沙汰なのかもしれない。と思い直ぐに事業所に電話をして確認した。
「神山さん、またNさんがオーバーに言ったのでしょう。実はNさんが全員とメール交換してしまい花火大会の約束をしていたらしいけれど他の人は待ち合わせ場所に全員約束通り集まったのにNさんだけ来ないし電話をしても出ないという事が続いてしまい、怒りで、ある女性が手首を少し怪我したぐらいだから大丈夫です。Nさんやっぱり大袈裟に言ったのね。」
やっぱり。
私もホドホド疲れてしまった。
そして42歳という若さなのに生活保護に甘えている。
自分勝手に生き、毎日真面目に働こうとしない。
そして彼は電話魔なので毎日のように電話をしてくる。
その彼がある日、以前の職場の女性の上司に電話をして、怒って電話を掛けてきた。
「神山さん、僕は、元の職場の上司から酷い事を言われました。」
「どんな事ですか?」
「貴方なんか精神障害者のフリをした税金泥棒だと。僕は腹が立つので寝れなかったので今から精神科に行きます。」かなり慌てた様子であった。
「私も同行しますよ。」と言ったのに勝手に電話を切った。

精神科に行くとちょうど診察室からNさんが出てきた。話しかけようとすると何故か振り切って帰って行ってしまった。ACが振り切れているのか?
もう私も本当に疲れていた。
そして彼から次の日荒れた様子で電話が掛かってきた。
「神山さん、もういいです。僕は自分で就労するから、貴方の支援は受けません。」
何と無く、お役ご免がホッとした。あぁやっと役割が無くなった。
多分、彼は
「そう言わずに。」の言葉が欲しかったはずであろうが、私はあえて
「解りました。これからは自分でがんばってください。さようなら。」と言って電話を切った。
一か月が過ぎた。また何もなかったように自分が吐いたキツイ言い方を忘れて「神山さん実は〜」と世間話を電話口で言い出した。この時とばかり解らせなくてはと思い
「Nさん覚えていないのですか?貴方は私に支援は要らないと言ったのです。私は傷ついています。もう電話は結構です。」
それから一ヶ月、何もなかった。

この後の文章は次回の更新時にお届けします。今回は、ここまで。
長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
■こういった方々の人生に寄り添う就労支援員養成講座は静岡リビング新聞カルチャーセンターで、10月から土曜日に開講予定!お問い合わせは054-205-4111です。密を防ぎマスク着用、人数制限しての安心講座です。会場で是非お会いしましょう。一歩踏み出すあなたを3Sは応援します。

2020/04

新型コロナウイルスの自粛により新宿での就労支援員養成講座を中止することになりました。
申し訳ありませんがコロナが終息後に再開したいと思います。

2020/03

いよいよ2020年4月から、新宿、池袋、秋葉原でカウンセリング開始、心理教育は7月からワイワイジャパンの講師を招き新宿で開催決定です。カウンセリングはセンター長の神山包かみやまくるみが担当します。

今年も開催します
2018/3/28
「就労支援物語」完成しました。
HPからの予約で本は1000円、送料350円で、お届けします。
お問い合わせから本の注文としてメールください。ご自宅に郵送いたします。
2018/3/28

K-MIXラジオ静岡FM放送レギュラー番組持ちました‼︎
4月5日〜13時53分から5分間
Dr.寺田のこころからだクリニックにて大人の発達障害の番組を毎週同じ時間にお届けします。
ADHDやアスペルガーの症状や、周りの方々がどのように支援していけば良いなどの疑問に応える、具体的な内容です。
是非お聞きください。
パーソナリティは3Sの神山包クルミが担当します。

毎週木曜日13時53分〜14時
K-MIX静岡FM Dr.寺田のこころからだクリニック
パーソナリティ 神山包かみやまくるみ 写真右 女性
あおいクリニック寺田先生 写真左 男性

K-MIXラジオ静岡FM放送レギュラー番組持ちました‼︎
2018/3/15
傷つかない心の養い方の講座開講!
4月8日日曜日13時から17時5000円税込み
内容はご自宅にチラシを郵送いたしますので「問い合わせ」から⚫︎心理教育を選び、住所とお名前など入力をしてください。
郵送後、チラシをご覧の上、申込の判断をしていただいて構わないです。
2018/1/5

就労支援物語販売のお知らせ

前売りご注文をいただいた方に限り「就労支援物語」1,200円(税込)、送料300円で合計1,500円(税込)のところ、ホームページ前売り割として200円割引の合計1,300円(税込)で販売しております。
氏名住所ご連絡のつく連絡先を「お問い合わせページ」に明記の上、送信してください。メールが来た時点で受付いたします。折り返し振り込み用紙同封の上、本を郵送させていただきます。
発刊が2018年4月1日なので4月1日から随時郵送となります。今しばらくお待ちください。前売りご注文をお申し込みの方のみ著者よりメッセージカードを同封いたします。
また申し込みのメールをいただいた時点で、折り返し、注文確認のメールをさせていただきます。注文後5日以上たってもメールが届かない場合は、お手数ですがお問合せフォームよりご連絡ください。

就労支援物語販売のお知らせ
2018/1/5
一般社団法人 精神相談・心理教育・就労支援センター 3Sのホームページを開設いたしました。
利用者様の相談や就労について寄り添う支援を志していきます。

3Sとは?

あなたの悩みを一緒にカウンセリングしながら
自分と他人の気持ちを知り気づきを学び
居場所を見つけ、生き方を確立していけるように支援します。

就労支援員養成講座の開催

シニア世代の方々に是非試みて欲しいのが、「就労支援員」という職業です。企業の部長にまでなったが退職したから、これからはボランティアでもしようかな?と思っている、そこの貴方!それならば是非就労支援員になってみませんか?
講師には就労支援A型B型で実際に就労支援員として長く勤めているベテランの人や、福祉事務所で生活保護受給者を就労支援していた人、また福祉に強い社労士など福祉に携わる様々な講師陣を多数お招きする予定です。どんな仕事をするのだろうか?利用する人は、どんな人?など。シミュレーションも行う参加型講義です。 テキストは神山包(かみやまくるみ)の著書 「就労支援物語」を使用します。
その後、本気で携わりたい方は、一般社団法人3Sの中で理事になっていただき新しい人生を一緒に歩んでいきましょう。

さぁ生き甲斐の自分探しは、これからですよー。

勿論、若い世代の方々も興味のある方は、是非オリエンテーションだけでもお越しください。

就労支援物語
就労支援物語
就労支援員 養成講座 オリエンテーション開催日時決定‼︎
日時

4月10日(火)
①13時
②18時30分

4月14日(土)
③13時

所要時間 1時間程度
場所 静岡駅近くの会場を人数により予約いたします。
申し込み締切 3月15日(木)
参加費用 テキスト購入を含め 3,000円(税込)
申し込み方法 お問い合わせページから「就労支援員養成講座オリエンテーション申し込み」と明記して自分の参加したい番号を書き込んでください。
こちらから振り込み用紙を郵送いたします。
お問い合わせフォームはこちら

※また遠方からの応募の方は、10人集まれば講師が出張をさせていただきます。お仲間と話を聞いてみたいという方々、団体など是非この機会にお気軽にお問い合わせください。
この講座は静岡リビング新聞社でも4月から同時に開講予定です。

オリエンテーション①〜③は同じ内容なので申し込み時に番号を必ず記入をしてください。一度のみの参加をお願いいたします。
4月から養成講座を開講いたします。オリエンテーションの時に日程や金額 テキスト代金含む3000円税込。
詳細をお知らせいたします。まずはオリエンテーションにお越しください。
オリエンテーションの時間は毎回1時間程度となります。

お問い合わせ

どんな相談でもお引き受けいたします。
お電話からでもフォームからでも、お気軽にご相談くださいませ。

054-295-7000

054-295-7000

お問い合わせはこちら